« 「琉球における空間認識に関する言語文化論 -「青」の世界と「イノー」の思考 」(橋尾直和) | トップページ | 「いわゆる「獣形貝製品」について」(島袋春美) »

2017/09/18

「サメ歯状貝製品」と琉球刺青

 「サメ歯状貝製品」について、もう一度見てみる。

 これは「シャコガイ科を中心に、イモガイ科やタカラガイ科などが用いられる。獣形貝製品と並んで、この時期の琉球弧の特徴的な貝製品。

 包含層からの一括出土が多いが、「具志川島遺跡群や具志川グスクがけ下埋葬址、摩文仁ハンタ原遺跡などでは二次葬に伴って出土する」。

 シヌグ堂遺跡からは、6点出土していて、「連結して装飾品として用いた可能性がある」。

サメ歯状貝製品
・サメの歯を模した左右対称のもの

Photo_6

(山野ケン陽次郎「琉球列島における縄文時代後晩期の貝製品と製作技術」)

 「サメ歯状貝製品」が、連結して用いられたのであれば、その参照先は、徳之島の刺青の、手の甲、尺骨頭部、手首内側を見るのがいい(参照:「徳之島流刺青」)。

 あるいは、祝女の胴衣や髪飾りだ。

Photo_4Nanahabera_2

(左:祝女の胴衣、右:髪飾り・ハベラザバネ)

 ここには、蝶を媒介した霊魂の象徴として三角形が宿っている。
 

『奄美・吐カ喇の伝統文化―祭りとノロ、生活』

|

« 「琉球における空間認識に関する言語文化論 -「青」の世界と「イノー」の思考 」(橋尾直和) | トップページ | 「いわゆる「獣形貝製品」について」(島袋春美) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65772768

この記事へのトラックバック一覧です: 「サメ歯状貝製品」と琉球刺青:

« 「琉球における空間認識に関する言語文化論 -「青」の世界と「イノー」の思考 」(橋尾直和) | トップページ | 「いわゆる「獣形貝製品」について」(島袋春美) »