« イナ地名メモ | トップページ | 「山神と平地の田神との巡回と反復」(吉本隆明) »

2017/07/30

猫の樹上葬

 猫の死骸は袋に入れてアダンの木に下げる。その周辺の習俗を挙げてみる(酒井卯作『琉球列島における死霊祭祀の構造』)。

 ・山に行ったら猫の声色を出すものではない。猫は人の精をとる(国頭)。
 ・猫は土の臭いをかいだら再生する(石垣島)。
 ・猫の魂とりを退けた呪術は、「クスコレバナ、クスコレバナ」(与論島)
 ・「猫と童は人の肝見ゆん」(与論島)
 ・猫は年を取ったら後生通いをする(与論島)

 猫を樹上葬にするのは再生が信じられていたということだと思う。霊魂との関連づけもある。蝶の換喩的な変換形ではないだろうか。


 

|

« イナ地名メモ | トップページ | 「山神と平地の田神との巡回と反復」(吉本隆明) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65412820

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の樹上葬:

« イナ地名メモ | トップページ | 「山神と平地の田神との巡回と反復」(吉本隆明) »