« トーテムの系譜と島人の思考 9 | トップページ | 地名としての大神島 »

2017/07/14

ヨナとイヤの分布

 熊本県の美里町には、「いや川水源」がある。「いや」は胞衣のことだ(「いや川水源と御手洗水源」)。

いや川水源は、鳳林山の麓に湧出している。水温は年間を通して15℃ほどで一定している。干ばつのときも枯れたことはないそうだ。川底には カワベニマダラという紅苔が自生していることで知られる。最近はその数が減っているそうだが、昔は川底の石全体が紅く染まるほどたくさん自生していたという。
 いや川の名は、お産のときの「いや(胞衣)」を、この水源で洗い清めたことに由来するという。その血が石に付着して赤くなったという言い伝えがある。(「いや川水源(いやがわすいげん」)

 「400~500年前からあると推測されている水源」と言われているらしいが、もっと古いのではないだろうか。

 胞衣の呼び方を「ヨナ」「イヤ」で辿ってみる。

 ヨナ 福井県、愛知県、三重県、島根県、山口県
 イヤ 長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(『日本産育習俗資料集成』より)

 こうしてみると、「ヨナ」の方が北へ延びている。
 

|

« トーテムの系譜と島人の思考 9 | トップページ | 地名としての大神島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65324936

この記事へのトラックバック一覧です: ヨナとイヤの分布:

« トーテムの系譜と島人の思考 9 | トップページ | 地名としての大神島 »