« トーテムの系譜と島人の思考 8 | トップページ | 刺青の「霊力内霊魂」と「独立霊魂」の位相 »

2017/07/01

ミタマとミカケ

 「和名類聚抄」の十巻本の巻一、「神靈類第十六」の「霊」の項を見ると、

 靈
 四聲字苑云、郎丁反。日本記云、(美太萬)。一云、(美加介)。又用魂魄二字。(「国立国会図書館デジタルコレクション - 和名類聚抄 20巻」

 とある。

 ここでいう「美太万(ミタマ)」はぼくたちの言葉でいえば、霊力。「美加介(ミカケ)」は「御影」のことだろう。霊魂のことだ。

 「魂魄」二字も用いられる。「魂魄」は、古代中国の霊魂・霊力のことだ。

 ここで確認しておきたいのは、本土日本でも平安時代に、あいまいな形ではあれ、霊力と霊魂の二重性は捉えられていたということだ。

 また、「人間のなかの人間」(フレイザー)としての霊魂は、「雛形霊」とも呼ばれているようだ(碓井益雄『霊魂の博物誌―原始生命観の体系』)。この雛形霊の表象は日本では希薄なのではないだろうか。

 


|

« トーテムの系譜と島人の思考 8 | トップページ | 刺青の「霊力内霊魂」と「独立霊魂」の位相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65241450

この記事へのトラックバック一覧です: ミタマとミカケ:

« トーテムの系譜と島人の思考 8 | トップページ | 刺青の「霊力内霊魂」と「独立霊魂」の位相 »