« ヨナとイヤの分布 | トップページ | 「ウクムーニーについて」(『やんばる学入門』) »

2017/07/15

地名としての大神島

 「琉球國三十六島図」に、大神島は、「烏噶彌」となり、「宇加味」と添えられている。

 これで云えば、大神島の意味は、「拝み島」ということになる。あの世の島として拝むという意味に通じる。

 大神島は、地名として新しいと思わせるが、遡って「拝み島」まで辿っても、地勢や地形を示す本体へは至らない。

 結局これは、オーの島の系列と見なせるのではないだろうか。

|

« ヨナとイヤの分布 | トップページ | 「ウクムーニーについて」(『やんばる学入門』) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65332941

この記事へのトラックバック一覧です: 地名としての大神島:

« ヨナとイヤの分布 | トップページ | 「ウクムーニーについて」(『やんばる学入門』) »