« ヨナとイヤの身体・地名分布 | トップページ | 産山柄杓田の縁起譚 »

2017/07/22

イナとしての胞衣

 にわか調べだが、胞衣を「イナ」と呼ぶのは、関東から東北に広がっている。南からいけば、イヤ、ヨナ、イナという分布になる。そして、イナの場合、エナとの通音は容易になるだろう。

 「ヨナとイヤの身体・地名分布」の続きでいえば、「地名ヨナのところでは、ヨナを地母神的に捉えたところでは、身体をイヤと呼び、米として捉えたところでは身体をエナあるいはイナと呼んだ」ということになるのかもしれない。


 神奈川県(「神奈川県史第5巻」)

 山梨県(上暮地「富士吉田市史 民俗編 第1巻」)

 群馬県(新田郡薮塚本町)(「医療人類学の研究(Ⅳ)」

 茨城県(「茨城県久慈郡里美村大字小菅民俗調查報告書」)

 山形県(「真室川の昔話」)

 秋田県(由利郡東由利村「橿原考古学研究所論集 第14巻」)

 青森県(「青森県五戶方言集」)

|

« ヨナとイヤの身体・地名分布 | トップページ | 産山柄杓田の縁起譚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65376049

この記事へのトラックバック一覧です: イナとしての胞衣:

« ヨナとイヤの身体・地名分布 | トップページ | 産山柄杓田の縁起譚 »