« 宮古島の霊魂観 3 | トップページ | 「自己拡張理論」メモ »

2017/07/11

宮古島の霊魂観 4

 岡本恵昭(「神がかりの諸形態」『平良市史第7巻』)の記述をもう少ししつこく追ってみる。

Photo_2

 こう整理してみると、「マウ(神)」と呼ばれるものが、フー(運気)と強いつながりを持つ、土地につながる「霊力」を根拠にしていることがよく分かる。個人の死により、マウ神も終わるのも、霊力の原型の意味を失っていない。

 この考え方に従うと、「マウ神」は「込める」ものではなく、「つける」ものだということになる。

 ぼくは、ブー(苧麻)を根拠に、タマス(霊魂)は思考されたと考えている。それは、宮古島の霊魂込めである「タマスウカビ」で植物片(カヤ)を使うのに矛盾していない。

 


|

« 宮古島の霊魂観 3 | トップページ | 「自己拡張理論」メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65289390

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島の霊魂観 4:

« 宮古島の霊魂観 3 | トップページ | 「自己拡張理論」メモ »