« ヨナ・ヨネ地名 2 | トップページ | イナ地名メモ »

2017/07/28

イヤ地名 2

 敗戦直後に刊行された『大和地名大辞典』には、奈良の小字が可能な限り収録されている。

 これでカウントすると、イヤ地名は143にのぼる。うちイヤ「谷」系が55、イヤ「山」系が5と、圧倒的に「谷」系が多い。これが奈良の地勢の特徴なのか分からないが、イヤ形地名が南方系であることを示唆したもののようにも見える。

 奈良を別に、イヤ地名を拾えるだけプロットしてみる。

 地名イヤと胞衣ヨナとの重なりからいえば、四国にはもっと分布していいはずなのだ。

 そこで思い至るのは、伊予国というのは、イヤ地名に由来しているのではないだろうか。そういう説はあるようで、Wikipedia でも、「湧水説」と「弥説」で紹介されている。(参照:「伊予国」) ぼくの考えだと、これはどちらも部分的に妥当性がある。この両者の重なるところに、正解がある気がする。

 国生みにおいて、淡路も四国も、もともと「胞衣空間」だったことが引用されているわけだ。

 また、高知ではヨナとしての胞衣は確認されているが、イヤ地名は見つけられていない。しかし、『日本方言大辞典』では、「いや(嫌)」の項で、福井の例として「ありがたいさま」、高知の例で「不思議なさま」を挙げている。高知市では「血統はいやなもんのーし」。この例文は、イヤ地名に通じるものだ。

|

« ヨナ・ヨネ地名 2 | トップページ | イナ地名メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65399243

この記事へのトラックバック一覧です: イヤ地名 2:

« ヨナ・ヨネ地名 2 | トップページ | イナ地名メモ »