« 刺青の「霊力内霊魂」と「独立霊魂」の位相 | トップページ | 「神に守られた島(新連載)」(中脇初枝) »

2017/07/03

「歌の発生」(吉本隆明) 1

 吉本隆明の「歌の発生」の書き出しは唸らされてしまう。

 神話の物語や歌謡には、物語ること歌うことが、実際の行為と区別できなかった時代が埋もれている。

 もちろんぼくたちは、「物語ること歌うことが、実際の行為と区別できなかった時代」を、実際の行為と同じであった時代と言い換えることができる。

 吉本は記紀の他界についてこう書いている。

〈死〉を媒介にしてゆける〈地下〉の概念は、これに対して南方大陸系のものとみなされる。また、〈海の底〉と〈海の彼方〉という概念は、南島の神話のものとみなすことができよう。

 これを普遍性に引き寄せれば、どちらも南島系のものと見なすことができる。さらに普遍化すれば、地域発のものと見なす必要のないことだ。ただ、〈天〉は南島では内発的には発生しなかったと言える。

 記紀の「緊迫した律文」は、「自然を神とみた時代の人々の発語ではないのか」として、吉本は書いている。

そこでは歌謡と地の文とは地続きではなかったのか。もちろん、それよりももっと以前に、わたしたちが現在、推し測ることができない歌と散文の時代があったかもしれない。真の歌の生誕期は、そこにおくべきかもしれない。だが、少なくとも『記』、『紀』、『風土記』などの歌謡と地の文をもとにするかぎり、このふたつが地続きであった時期を、歌の発生の時とみなすほかない。

 『記』、『紀』、『風土記』を元にするわけにはいかない琉球弧ではどう言えるだろうか。言語自体がメタモルフォースする。それに従って名称もメタモルフォースをする。この言語思想そのものは、歌の発生とは言えないだろう。歌には、呼応する対象が必要であるとすれば、他界の発生の段階で歌も発生したと考えることはできる。この場合も、「真の歌の生誕期」かは分からないにしても。


『初期歌謡論』

|

« 刺青の「霊力内霊魂」と「独立霊魂」の位相 | トップページ | 「神に守られた島(新連載)」(中脇初枝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65259982

この記事へのトラックバック一覧です: 「歌の発生」(吉本隆明) 1:

« 刺青の「霊力内霊魂」と「独立霊魂」の位相 | トップページ | 「神に守られた島(新連載)」(中脇初枝) »