« マブイ(霊魂)は、ハベラ(蝶)のメタモルフォース形 | トップページ | トーテムの系譜と島人の思考 8 »

2017/06/29

「井戸ヌパタヌ子蛙誦言」(西表島)

 西表島の「井戸ヌパタヌ子蛙誦言」の第一節。

1.井戸ヌパタヌ
 アブダーマ
 パニバムイ
 トゥブケー
 バガケラヌ生命(イヌチイ)
 島トゥトゥミ
 アラショウリ

 翅がはえて飛ぶのは「蝶」だ。これについて、以前は、「蛙」はトーテムであり、「蝶」は人間の死後の姿だから、ここには、中間の「人間」が省略されていると見なした。(参照:「「井戸ヌパタヌ子蛙誦言」の化身の法則」

 だが、これを他界発生以前の死者との共存の段階まで遡れば、死後と未生は重なることになる。そこでは、人間にとって未生が「蛙」で死後が「蝶」であっても、そこに時間的なズレは考えられていないとしたら、「蛙」→「人間」→「蝶」は、「蛙」→「蝶」と考えられても不思議はない。それがこの第一節の意味ではないだろうか。

 もうひとつ、この曲にはヴァリアントがあった。そこでは、キシノウエトカゲがジュゴンに化身している。(参照:「「カーラヌ バタサヌ アブダーマ ユングトゥ」(西表島)」)。

 なぜ、キシノウエトカゲはジュゴンに化身できるのか。それは両者がトーテムだからだ。言い換えれば、この節は、ジュゴンがトーテムだった段階まで遡れることになる。

|

« マブイ(霊魂)は、ハベラ(蝶)のメタモルフォース形 | トップページ | トーテムの系譜と島人の思考 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65232482

この記事へのトラックバック一覧です: 「井戸ヌパタヌ子蛙誦言」(西表島):

« マブイ(霊魂)は、ハベラ(蝶)のメタモルフォース形 | トップページ | トーテムの系譜と島人の思考 8 »