« トーテムと刺青文様の分布 | トップページ | 画期の時期 »

2017/06/26

刺青の発生と継承

 琉球弧の南北では、刺青の発生にもズレがある。

 北では、発生の可能性は、「蝶」を霊魂と見なした段階に遡る。このときであれば、トーテムの座である左手の尺骨頭部の文様はザン(ジュゴン)だったことになる。継承されて現在に伝えられたのは「貝」だが、「ザン-蝶」の可能性をゼロにすることはできない。

 南では、「苧麻」にトーテムと霊魂を見出したときに、刺青も発生したと考えられる。

Photo_2


|

« トーテムと刺青文様の分布 | トップページ | 画期の時期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65223952

この記事へのトラックバック一覧です: 刺青の発生と継承:

« トーテムと刺青文様の分布 | トップページ | 画期の時期 »