« 「生命の自己表出史 多層自己論」(青木正次) | トップページ | 「万葉集に蝶はないが、鳥の歌はたくさん現われる」理由(今井彰) »

2017/06/15

「魂のふるさとを訪ねて」(新企画イベント)

 新潮社の「波」に「境界紀行」を連載中の谷川ゆに(吉田麻子)さんとペアで、新企画「魂のふるさとを訪ねて」というイベントを行ないます。

 谷川さんが昨年、吉田麻子名で出版した『平田篤胤』は好評を博しているので、お読みになった方も多いことでしょう。(参照:『平田篤胤 交響する死者・生者・神々』

 谷川さんが現在、「境界紀行」でやっているのは、言わば縄文的な身体性で本土や琉球弧を捉えるという試みですが、それにぼくが、琉球弧の方から応答する形で対論を組みます。言ってみれば、原始と現代、本土と琉球弧に共鳴の回路をつくろうというもの。大きなテーマだけに多少ビビッてますが、面白いと思います。

 初回は、太宰治の「うちへ帰る」(『人間失格』)という言葉を手がかりに、「うち」とは「この世ならぬ世界」、「魂のふるさと」ではないかと掘り下げる谷川さんに対して、それが、琉球弧からみればどの段階の野生の思考に当たり、それが本土ではどのような現れ方をしているか、喜山が言及していくことになるでしょう。

 7月1日ですので、お時間ある方はぜひ目白に足をお運びください。

_20170701


|

« 「生命の自己表出史 多層自己論」(青木正次) | トップページ | 「万葉集に蝶はないが、鳥の歌はたくさん現われる」理由(今井彰) »

コメント


 人間失格  太宰好きです。

  好きです。

 私が 人格の失格者だから・・・。

  目黒女子高校生おつきあっていたことあったなー・・・、
 あ  メジロは 池袋の夜でした。

 雨でした。
  そういえば 大森も雨だった。

投稿: 泡盛 | 2017/06/15 05:33

泡盛さん

ガシテョーヤー、ヤカ。

投稿: 喜山 | 2017/06/15 06:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65409079

この記事へのトラックバック一覧です: 「魂のふるさとを訪ねて」(新企画イベント):

« 「生命の自己表出史 多層自己論」(青木正次) | トップページ | 「万葉集に蝶はないが、鳥の歌はたくさん現われる」理由(今井彰) »