« 波照間島の始祖神話・アラマリヌパー | トップページ | 親子婚と兄妹婚のタブ-の発生 »

2017/06/03

兄妹婚をめぐって(モルガン『古代社会 下巻』)

 もう顧みられることもない論考なのかもしれないが、兄弟姉妹婚に言及しているのだから眼を向けてみる。

 モルガンによれば、血族のうち、兄弟姉妹のカテゴリーは、「わたくしのいとこ、またいとこ、またまたいとこおよびさらに遠縁の男女のいとこ」になる。これらはすべて「わたくしの兄妹姉妹である」。

 つまり、兄妹婚と言った場合、同母の兄弟姉妹に限らない。これは、マリノフスキーによってトロブリアンド諸島でも観察されていた。ただし、マリノフスキーの場合、婚姻を禁じる母系氏族の範囲を意味していた。

 琉球弧の八重山でも童名に「をなり」「えけり」が拡張されて使われているのを確認できる。ぼくたちはこれを母系社会の名残りを見なしてきたが、もう一段、踏み込んで、母系以前に視野を届かせることができる。むしろこうした呼称が連綿としたのは母系社会の強度ではなく、母系以前の兄妹婚の強度を示すものだと考えられる。

 兄妹婚についてモルガンは推測している。

実際、それは実の兄弟姉妹の通婚から始まり、次第に婚姻組織の範囲が拡大するにつれて、傍系の兄弟姉妹を包含するにいたったのである。

 この拡大のなかで、母のなかの母として、象徴化された女性シャーマンは誕生したのではないだろうか。それは、それは大地母神であり、琉球弧ではサンゴ礁という貝のことだった。

 モルガンは、兄妹婚は「太平洋の人間の住むあらゆる島において一般に行われている」と書いている。このときのモルガンの視野には入っていないだろうが、琉球弧もこの太平洋の島のひとつに数えあげられる。

 
『古代社会 下巻』

|

« 波照間島の始祖神話・アラマリヌパー | トップページ | 親子婚と兄妹婚のタブ-の発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65118443

この記事へのトラックバック一覧です: 兄妹婚をめぐって(モルガン『古代社会 下巻』):

« 波照間島の始祖神話・アラマリヌパー | トップページ | 親子婚と兄妹婚のタブ-の発生 »