« ザンは兄弟姉妹婚の象徴だっただろうか。 | トップページ | 刺青にみるトーテムと霊魂のアマルガム(徳之島と宮古島) »

2017/05/15

サンゴ礁の時代の区分

 サンゴ礁が成立して以降の段階の年代を挿入してみる。

Photo

 死者との共存(4500~3500年前)1000年
 霊魂の発生 (4000年前~)
 ・蝶形骨器(4000~2400年前)1600年
 あの世の発生(3500年前~)
 ・身近なあの世(3500~1000年前)2500年
 低地居住  (2500年前~)
 ・交易期(2500~1000年前)1500年
 蝶形骨器終焉(2400年前)
 グスク時代 (1000年前)

 時代の幅を列記する。

 死者との共存。1000
 身近なあの世。2500年。
 蝶形骨器。1600。
 兄弟姉妹婚。1600年以上。

 死者との共存の段階が1000年あることは忘れがちだ。「身近なあの世」の段階も2500年ある。「あの世」について、身近な「あの世」がもっとも長いのだ。

 大きくいえば、シャコ貝時代は2500年、蟹時代は1500年。

|

« ザンは兄弟姉妹婚の象徴だっただろうか。 | トップページ | 刺青にみるトーテムと霊魂のアマルガム(徳之島と宮古島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65081296

この記事へのトラックバック一覧です: サンゴ礁の時代の区分:

« ザンは兄弟姉妹婚の象徴だっただろうか。 | トップページ | 刺青にみるトーテムと霊魂のアマルガム(徳之島と宮古島) »