« トーテムの系譜と島人の思考 2 | トップページ | トーテムの系譜と島人の思考 4 »

2017/05/20

トーテムの系譜と島人の思考 3

 こんどは「トーテムの系譜と島人の思考 2」に考古学上の年代の知見を当てはめてみる。すると、いくつか修正が必要なのが分かる。

3_2


 ぼくたちは「貝」との関係ばかりに目を奪われがちだが、実は「蝶」の方が古くからの付き合いなのだ。そして、「蝶」が霊力内霊魂として発生し、霊力を離脱するまで、1600年間かかっている。これはそのまま蝶形骨器が作られた期間でもある。「蝶」は実に2100年ものあいだ、未生の領域を担ってきたのだ。

 また、琉球弧の北と南の重要な違いも分かる。南では、霊魂の発生は、「貝」をトーテムとする前だが、北では、「貝」トーテムに先立っている。これが刺青デザインの差として表出されているものだ。

|

« トーテムの系譜と島人の思考 2 | トップページ | トーテムの系譜と島人の思考 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トーテムの系譜と島人の思考 3:

« トーテムの系譜と島人の思考 2 | トップページ | トーテムの系譜と島人の思考 4 »