« 原ユタから祝女、ユタへ | トップページ | 刺青・仮面・衣装 »

2017/04/02

「沖縄県宮古島の無土器時代の遺跡を巡る」(江上幹幸)

 宮古島の「嶺間御嶽」の由来譚では、「犬」の前進が「アマム」であり、「犬」は「アマム」が換喩的な置換を受けていることが示唆されていた。宮古島では、アマム・トーテムが痕跡としてしか見つからないので、これも痕跡には違いないが、重要な伝承であることにちがいはない。 

 これを別の角度からみてみる。というのも、宮古島は考古学では、紀元後1世紀から11~12世紀にかけて「空白の時代」だとされている。これに対して、「嶺間御嶽」の由来譚ではアマムの段階が示唆され、アマリ山という場所も指定されている。アマムはトーテムとして最後の動物であり、11~12世紀以前を想定することができる。この伝承は、空白の時代に対して、存在を訴えているのだ。

Photo_7

 近年の考古学の成果では、「城辺字友利インギャー海岸に広がる」「友利元島遺跡」では、「標高約4mの砂丘地で、5~8世紀の無土器期の生活層が確認された」。「友利の後ろアマリ山」とこの遺跡の位置関係をぼくはよくわからないが、伝承と遺跡を重ねてみることはできるのではないだろうか。

 

|

« 原ユタから祝女、ユタへ | トップページ | 刺青・仮面・衣装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/64904739

この記事へのトラックバック一覧です: 「沖縄県宮古島の無土器時代の遺跡を巡る」(江上幹幸):

« 原ユタから祝女、ユタへ | トップページ | 刺青・仮面・衣装 »