« キシノウエトカゲとジュゴン | トップページ | 「宮古島の二つの壺」(居駒永幸) »

2017/04/14

二様のメタモルフォーゼ

 いま、ぼくたちは二様のメタモルフォーゼを考えていることになる。(参照:「「カーラヌ バタサヌ アブダーマ ユングトゥ」(西表島)」「キシノウエトカゲとジュゴン」

2

 1のメタモルフォーゼは、形態や色合いや動作の類似から考えられたもの。その思考に添って、「カタカス」という言葉も、「バカギサ」から生まれた。

 2のメタモルフォーゼは、「ザン」が「バカギサ」の言葉の変態でありうるという言語の類似(一致)から考えられた。「ザン」は、「バカギサ」という言葉から生まれたわけではないが、できていた言葉は、バカギサからも辿れることから、メタモルフォーゼが思考された。

 2もありえたと考えられるためには、やはり動植物の変態と言葉の変態とが、等価と見なされる必要がある。言葉は霊力の表現の大事なひとつに他ならなかった。

 ぼくは少し胸躍るのを抑えられない。動植物間のメタモルフォーゼについて、伝承や古謡に依るしかないことに心もとなさを覚えていた。しかし、言葉も変態するのであれば、呼称から動植物のメタモルフォーゼにアクセスできる可能性を手にすることができるのだ。もちろん、形態や生態の類似を大事にして。

|

« キシノウエトカゲとジュゴン | トップページ | 「宮古島の二つの壺」(居駒永幸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/64941957

この記事へのトラックバック一覧です: 二様のメタモルフォーゼ:

« キシノウエトカゲとジュゴン | トップページ | 「宮古島の二つの壺」(居駒永幸) »