« 「胞衣笑いの深層-霊魂の交通」(飯島吉晴)2 | トップページ | 池間島のアオヤッダ »

2017/03/14

ヤドカリ占い(沢木耕太郎『オン・ザ・ボーダー』)

 面白い記述を教えてもらった。米軍統治下の与那国島で夫が航海に出ているあいだのこと。

 よく海岸に行ってヤドカリを探してきたものさ。これは私の旦那、あれはあなたの御主人、こっちは誰々と、ヤドカリに名前を決めておいて、お膳の端に並べるの。そして「いま船はどこにいるの」と訊ねると、無事に航海している時は、ヤドカリがみんな揃ってまっすぐ進む。何かマチガイがある時は、みんなが-ヤドカリよ-まぜこぜになってゴチャゴチャになる。本当にヤドカリの占いは、当たったわよ。

 これは素晴らしい。間接的ではあるが、ヤドカリ・トーテムを示唆してあまりある。思うに、生児がトーテムと対面する儀礼があったのではないだろうか。

 

『沢木耕太郎ノンフィクション 4』

|

« 「胞衣笑いの深層-霊魂の交通」(飯島吉晴)2 | トップページ | 池間島のアオヤッダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/64427830

この記事へのトラックバック一覧です: ヤドカリ占い(沢木耕太郎『オン・ザ・ボーダー』):

« 「胞衣笑いの深層-霊魂の交通」(飯島吉晴)2 | トップページ | 池間島のアオヤッダ »