« ヤドカリ占い(沢木耕太郎『オン・ザ・ボーダー』) | トップページ | 「貝塚時代前Ⅳ期における南西諸島と南九州のインタラクション」(平良理揮) »

2017/03/15

池間島のアオヤッダ

 市川重治は『南島針突紀行』で、池間島の左手尺骨頭部の文様について、郷土史家の前泊徳正から文様アオヤッダ(アオヒトデ)について聞いてる。

Photo

このアオヤッダは、深い海に棲息していて猛毒をもち、これを乾燥させて鼠の出入口などにおけば、その効果は抜群とのことであった。そうした猛毒を一つの効力とみなし、文様化して魔除け、厄除けの象徴としたのである。

 この記述からすれば、アオヤッダがサンゴ礁の外部礁斜面にいる。色と毒性からしても、男性動物だ。女性の針突きの左手尺骨頭部にこの文様があるのは、すでにトーテムの意味を逸脱している。トーテム性は保持していたとすれば、「太陽の妻」として女性を位置づけていたのではないだろうか。


|

« ヤドカリ占い(沢木耕太郎『オン・ザ・ボーダー』) | トップページ | 「貝塚時代前Ⅳ期における南西諸島と南九州のインタラクション」(平良理揮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/64432850

この記事へのトラックバック一覧です: 池間島のアオヤッダ:

« ヤドカリ占い(沢木耕太郎『オン・ザ・ボーダー』) | トップページ | 「貝塚時代前Ⅳ期における南西諸島と南九州のインタラクション」(平良理揮) »