« 言葉の変態と動植物の変態 | トップページ | 食物連鎖とトーテミズム »

2017/03/26

「ひざら貝になった男」(沖永良部島)

 沖永良部島の龍宮譚では、「ニラの島」での別れの際、求められて、「蒔かずに作られる作物の種が欲しい」と所望すると、「クヂマ(ひざら貝)」をもらう。

 男は「海へ行って楽にして食べよう」と思って、「舟の上でクヂマ貝の背中の殻を取り外したら、笛吹松自分がクヂマになった」。

 これは男がトーテムである「ひざら貝」に戻ったことを意味している。

 この場合、持参した「ひざら貝」とは別に、男の化身態である「ひざら貝」がもうひとつできたのではなく、持参した「ひざら貝」になった、あるいはそのなかに取り込まれたと考えるべきなのだと思える。

 このシーンは、「ひらぶ貝」に挟まれるサルタヒコの最期の場面を思い出させる。

 サルタヒコ ひらぶ貝にはさまれる
 笛吹松   ひざら貝の殻を取り外したら、ひざら貝になる

 これは同じことを意味しているのではないだろうか。サルタヒコはそれが最期の場面であることによって、トーテミズムの終わりも鮮明に印象づける。笛吹松の場合、そうは書かれていないが最期であるにはちがいない。だから、これもトーテミズムの終わりを示しているのだろう。

 劇的ではない、このなし崩しにも見える顛末は、琉球弧らしい気がする。宮古島の「山立御嶽」の由来譚で、異類婚姻をしたふたりが最後、スズという大魚になって海へ帰るのとも似ている。(参照:「山立御嶽」(『宮古史伝』)

 トーテミズムの終焉というより、みずからひとまず閉じたとでもいうような感触だ。

|

« 言葉の変態と動植物の変態 | トップページ | 食物連鎖とトーテミズム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/64895232

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひざら貝になった男」(沖永良部島):

« 言葉の変態と動植物の変態 | トップページ | 食物連鎖とトーテミズム »