« 宮古島の針突き文様 | トップページ | 『吉本隆明 『言語にとって美とはなにか』の読み方』(宇田亮一) »

2017/02/11

ミルヤからニルヤへ

 中本正智は、ミからニへは「音声変化」からも論証できるとしている(「ニライカナイの語源と原義」)。

 ミルヤ > ニルヤ.> ニラヤ > ニラヰ > ニライ

 と、こういう推移を想定しているわけだが、「ミルヤ > ニルヤ」のところがぼくにはいちばん分からない。この間の経緯はもっと複雑なのではないだろうか。

 「濁音の同一と等価」を参照すると、

 ミ > ジ > ヂ > ギ > ニ(の濁音)としてミからニに到達することはできる。そうすると、「琉球神道記」の「儀来河内」(ギライカナイ)という表記も、射程に入ってくることになる。ただ、感覚的にはこの経路は難しい。

 

|

« 宮古島の針突き文様 | トップページ | 『吉本隆明 『言語にとって美とはなにか』の読み方』(宇田亮一) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63935789

この記事へのトラックバック一覧です: ミルヤからニルヤへ:

« 宮古島の針突き文様 | トップページ | 『吉本隆明 『言語にとって美とはなにか』の読み方』(宇田亮一) »