« 『自然認識の人類学』(松井健) | トップページ | 宮古島の針突き文様 »

2017/02/09

「とらさんながね節」

 宇検が本場だという「とらさんながね節」。

 とらさんながねなんて ふつもゆる煙 とくぬまごじょめが はゆる煙草
 とくぬ浜で ふつもゆる煙 牛焼きと思えば 塩屋ぬ煙
 浜ながし行くば しゅくぬ子ぬ寄より 網叉手や持たぬ 事ど欠きゅる
 網寄せて曳くば 又手寄せて曳くば 網やだます 叉手や叉手だます
 のろやのろだます ぎじやぐじだます たます打ち果てて 主やどまで
 (小川学夫『奄美の島唄』)

 これはスクの歌になっている。「しゅくぬ子」は、スクの子だから、ここでの「しゅく」はアイゴの成魚を指すことになるが、「しゅくぬ子」でそのまま「しゅく」のことなのかもしれない。

 面白いのは、「しゅくぬ子」という表現があるということだ。これはもとは、「しゅうぬ子」だったのかもしれない。スクが、「潮の子」であるという連想をさせてくれる詞だ。

|

« 『自然認識の人類学』(松井健) | トップページ | 宮古島の針突き文様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63917043

この記事へのトラックバック一覧です: 「とらさんながね節」:

« 『自然認識の人類学』(松井健) | トップページ | 宮古島の針突き文様 »