« 「サンゴ礁の貝を利用し続けた沖縄の人々」(黒住耐二) | トップページ | 「亜熱帯沖縄の冬の寒さと動物たち」(太田英利) »

2017/01/13

パラオのシャコ貝(『世界神話事典』)

 パラオの神話。

 原初に天の神ウヘル=ア=ヤングブがいたが、彼は風雨にのせて星を降らせ、これがガリヤップ島になった。その隣りに浅瀬ができた。彼はそこにア=キム(シャコ貝)を天から降ろした。このア=キムからラッツムギカイが生まれた。

 ラッツムギカイは海に棲んだが、妊娠していよいよ子供を産むときになっても女陰がないので子供を産むことができずに困った。そこでア=キムに相談すると外套膜を貸してくれたので、それを股間につけて子供を産んだ。

 それがオボハヅ神。オボハヅ神は人間の祖であり、虫魚草木を生じ、ハラマルル樹を擦って火をつくることを教えた(p.430)。

 パラオでも、シャコ貝-女性-火がむすびついている。とても面白い。

 

『世界神話事典』

|

« 「サンゴ礁の貝を利用し続けた沖縄の人々」(黒住耐二) | トップページ | 「亜熱帯沖縄の冬の寒さと動物たち」(太田英利) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63713552

この記事へのトラックバック一覧です: パラオのシャコ貝(『世界神話事典』):

« 「サンゴ礁の貝を利用し続けた沖縄の人々」(黒住耐二) | トップページ | 「亜熱帯沖縄の冬の寒さと動物たち」(太田英利) »