« 「サンゴ礁を生んだ無脊椎動物と藻類の共生は,どのように進化したのか?」(將口栄一、新里宙也) | トップページ | 「産育儀礼にみる試練と命名」(小野重朗) »

2017/01/24

胞衣を埋める時

 胞衣を埋める時は、満潮時が多いようだが、干潮時の場合もある。

 汀間(名護) 潮が引いたとき
 与那(国頭) 満潮時
 謝名城(国頭) 潮が満ちたとき
 比屋定(久米島) 満潮時
 具志堅(本部) 潮とは関係ない
 (崎原恒新、恵原義盛『沖縄・奄美の祝事』)

 胞衣を埋めるのは、「あの世」との境界部に胞衣を置くことを意味する。また、胞衣はサンゴ礁だから、胞衣を埋めるのは、サンゴ礁が外海に埋まることと同じなので、満潮時にするのがもともとだったと考えられる。それは、サンゴ礁(胞衣)が「あの世」に近づくときと思考されたのではないだろうか。

 比屋定(久米島)では、胞衣埋めのとき、弓矢(ハンチャヤマ)で箕(ミージョーキー)を三回射る。弓矢は蛇、箕は太陽(貝)。これは性交の暗喩であるのか、太陽を射落としているのか分からない。けれど、胞衣とかかわるのであれば、太陽拝ませと同じ意味なのかもしれない。

 もうひとつ。伊計島では、胞衣は「イラ」になる。これは、yuna > iuna > iina > iia > iya > ida > ira (iza) と整理しておける。


|

« 「サンゴ礁を生んだ無脊椎動物と藻類の共生は,どのように進化したのか?」(將口栄一、新里宙也) | トップページ | 「産育儀礼にみる試練と命名」(小野重朗) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63817739

この記事へのトラックバック一覧です: 胞衣を埋める時:

« 「サンゴ礁を生んだ無脊椎動物と藻類の共生は,どのように進化したのか?」(將口栄一、新里宙也) | トップページ | 「産育儀礼にみる試練と命名」(小野重朗) »