« 「琉球王国・王権思想の形成過程」(比嘉実) | トップページ | 「琉球歌謡の植物をめぐる表現の研究」(佐々木和子) »

2017/01/10

トーテムと霊魂の段階

 素描に過ぎないが、琉球弧の精神史の各段階を霊魂やトーテムと対応させてみる。

 ― 約4500年前 定着期
   ・死者との共存

 ― 約4000年前 蝶形骨器
   ・霊魂の発生

 ― 約3500年前 風葬
   ・「あの世」の区別
   ・シャコ貝トーテム

 ― 約2500年前 交易期
   ・遺跡が低地立地
   ・蟹トーテム

 ― 約2400年前 蝶形骨器終了
   ・苧麻トーテム

 ― 約1000年前 グスク時代
   ・アマントーテム

 シャコ貝は、空間的な他界の発生を象徴している。交易期(貝塚時代後期)になると、遺跡は砂丘・沖積地という低地立地になることが知られている。浜辺近くに住むのだから、これを蟹トーテムの段階と考えてみる。蝶形骨器の終了は、苧麻がトーテムとなり、ジュゴンを素材に使わなくなった段階と想定する。アマンは、蟹と貝の合体だから、蟹トーテムの後にくる。これは、性交と子の認識の受容を象徴している。

 宮古を中心とした南琉球の場合、苧麻をトーテムとすることと、霊魂の発生とが近しい。トカゲは、蛇に比べて不完全な脱皮をするから、死の起源に対応していると想定してみる。

 蛇   不死
 トカゲ 死の起源
 蝶   死者の発生
 (蝶形骨器) 霊魂の発生
 蟹   浜辺への移住
 アマン 性交と妊娠の認識の受容

 

|

« 「琉球王国・王権思想の形成過程」(比嘉実) | トップページ | 「琉球歌謡の植物をめぐる表現の研究」(佐々木和子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63685246

この記事へのトラックバック一覧です: トーテムと霊魂の段階:

« 「琉球王国・王権思想の形成過程」(比嘉実) | トップページ | 「琉球歌謡の植物をめぐる表現の研究」(佐々木和子) »