« 『魂の民俗学』(谷川健一) | トップページ | 「干ノ瀬(カンノビシ)」 »

2016/12/13

こまかの澪、久高の澪

 考えみれば、「おもろさうし」のこの歌謡には、コマカ島や久高島がかつての「あの世」だったことへの想いが残響しているのかもしれない。豊穣の源という視線。


うちいではとまりみぢへりきよが節
11-650(95)

一 こまかの澪に 降れ 見物
又 久高の澪に
又 ざん網 結び降ろちへ
又 亀網 結び降ろちへ
又 ざん 百 込めて
又 亀 百 込めて
又 ざん 百 取り遣り
又 亀 百 取り遣り
又 沖膾 せゝと
又 へた膾 せゝと
又 手楫 選で 乗せて
又 沖走い立ての 競いて
又 干瀬走い立ての 競いて

 豊穣はニライカナイからやってくる。それを象徴するのが、ざん(ジュゴン)と亀だった。

|

« 『魂の民俗学』(谷川健一) | トップページ | 「干ノ瀬(カンノビシ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63625696

この記事へのトラックバック一覧です: こまかの澪、久高の澪:

« 『魂の民俗学』(谷川健一) | トップページ | 「干ノ瀬(カンノビシ)」 »