« 「サルタヒコと日本神話のコスモロジー」(北沢方邦) | トップページ | 奄美の貝の主 »

2016/12/17

カタカシの類縁

 宮古でカタカシを「イジヤンカタカシ」というのは、「やかましい」の意味らしい(『原色沖縄の魚』(具志堅宗弘))。

 ・浅海の砂泥地にまなりの群れをつくる。
 ・砂地の上を遊泳している。
 ・ヒゲでサンゴ礁をつつく。

 砂を這うように泳ぐ姿は、蛇が這うのと似ている。髭がサンゴをつつくのは、蛇が舌を出して餌を探すのに似ている。こういうことだと思う。

 沖縄では、ギランと言う。ここには、シャコ貝との類縁が見られる。


|

« 「サルタヒコと日本神話のコスモロジー」(北沢方邦) | トップページ | 奄美の貝の主 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63639924

この記事へのトラックバック一覧です: カタカシの類縁:

« 「サルタヒコと日本神話のコスモロジー」(北沢方邦) | トップページ | 奄美の貝の主 »