« 『カフカはなぜ自殺しなかったのか? 弱いからこそわかること』(頭木弘樹) | トップページ | 「外国人が見た沖縄」(モモト No.29 ) »

2016/12/24

『ホライゾン』31号の貝特集

 雑誌『ホライゾン』31号に「貝特集」があって助かった。

 ヒメジャコガイは、石サンゴのなかに穿孔して、「この科のなかでは一番多く生息」している。

 シャコガイ科。スワリンニャ(座っている貝)(笠利)、ギブ(大和村)、ヒ魚(名瀬)。
 シラナミガイ(シャコガイ科)。殻に色はつかず穿孔もしない。
 ヒレジャコガイ(シャコガイ科)。かつては手水鉢として使われていたこともある。

 マガキガイ。トビンニャの他に、奄美大島南部以南では、「テダラとかテラジャとよばれる」。
 ヒザラガイ科(クジマ、グジマ)。「奄美大島北部、笠利湾における貝類知識」(飯田卓、名和純)では、「ギズマ」という音も得られている。

 アンボイナ貝(イモガイ科)。ハブ貝とも言われる。
 「奄美大島北部、笠利湾における貝類知識」では、ツタノハガイ科は、ナブンニャ。サラサバティ(タカセガイ)は、アンサレ。

 奄美大島でも、シャコガイは太陽名で呼ばれている。
 

|

« 『カフカはなぜ自殺しなかったのか? 弱いからこそわかること』(頭木弘樹) | トップページ | 「外国人が見た沖縄」(モモト No.29 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63653936

この記事へのトラックバック一覧です: 『ホライゾン』31号の貝特集:

« 『カフカはなぜ自殺しなかったのか? 弱いからこそわかること』(頭木弘樹) | トップページ | 「外国人が見た沖縄」(モモト No.29 ) »