« バガ島ユングトゥ | トップページ | 「南島歌謡に謡われたサンゴ礁の地形と海洋生物」(渡久地健) »

2016/11/29

「サンゴ礁の民俗分類の比較」(渡久地健)

 渡久地健は、サンゴ礁は渚から外海側へ広がる「一連の自然」であるとしてその民俗語彙を整理している(「サンゴ礁の民俗分類の比較」)。

 1.海岸 ハマ系とヘタ系
 2.礁池 イノ/エノ/イノナ/イナウ
 3.礁嶺 セ/スィ系からヒシ/ピシ系
 4.礁斜面 セ/ヒシ/ピシ/ピー
 5.ビーチロック イタビシ
 6.「一定のまとまりをもった海底の地形的高まり」 スニ
 7.「干潮時にも海水を湛えている礁嶺上の浅い溝状の凹地部」 ウンジュムイ/ピシミ/ワンルー
 
 ここでやってみたいのは、ユナがイノーなどヘメタモルフォーゼをするのであれば、それをサンゴ礁でどこまで広げたかということだ。

 yuna > yu:na ユウナ
 yuna > iuna > inau > ino: イノー(礁池)
 yuna > iuna > inau > nu: ヌー(澪)
 yuna > duna > zuna > suni スニ
 yuna > iuba > iura > ura > uru ウル(サンゴ)

 韮(ニラ)が、韮(ビラ)になる。(「トグルダキデラバ」与那国島)
 尻(シリ)が、尻(チビ)になる。(与那国島)

 yuna > yuba > yura > yuda > yato ヤトゥ(サンゴ)
 
 目いっぱいひろげると、こうなるだろうか。

 
 

|

« バガ島ユングトゥ | トップページ | 「南島歌謡に謡われたサンゴ礁の地形と海洋生物」(渡久地健) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63620877

この記事へのトラックバック一覧です: 「サンゴ礁の民俗分類の比較」(渡久地健):

« バガ島ユングトゥ | トップページ | 「南島歌謡に謡われたサンゴ礁の地形と海洋生物」(渡久地健) »