« 「奄美群島おもろの世界」(福寛美) | トップページ | 『扇―性と古代信仰』(吉野裕子) »

2016/10/28

「もーんくわしりんくわ」(久高島)

 久高島の神歌「ビンヌスンヌ、ティルル」では、スクは「もーんくわしりんくわ」と出ている(『南島歌謡大成』)。

 ここで、「もーんくわ」は「澪の子」、「しりんくわ」は「砂床の子」と解すればいいのだろう。「しりんくわ」は、あるいは、知念とのあいだの瀬戸と解してもいい。

 シラマー(渡名喜島):砂床。
 シル(座間味村):瀬戸。
 ジル(竹富島):暗礁。
 シルジ(奄美大島大和村):砂床。

|

« 「奄美群島おもろの世界」(福寛美) | トップページ | 『扇―性と古代信仰』(吉野裕子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63583618

この記事へのトラックバック一覧です: 「もーんくわしりんくわ」(久高島):

« 「奄美群島おもろの世界」(福寛美) | トップページ | 『扇―性と古代信仰』(吉野裕子) »