« 太陽の貝たち 2 | トップページ | 空飛ぶ蛙はどれか »

2016/10/14

「宮古群島の両生爬虫類相(1)」(当山昌直)

 当山昌直は、来間島で島人から、「芋畑での耕作中に土中から大きなトカゲがでてくることがあるといって、また、それは宮古島でみられるようなものだった」と聞き、来間島にもキシノウエトカゲがいるのは確実だと思われるとしている。(「宮古群島の両生爬虫類相(1)」1976)。

 この土中から出現するという生態が、キシノウエトカゲをトーテムとする理由の一端にもなったとしたら、キシノウエトカゲがトーテムとなったのは意外に遅かったのかもしれない。言い換えれば、シャコ貝と時期は変わらなかったのかもしれない。


|

« 太陽の貝たち 2 | トップページ | 空飛ぶ蛙はどれか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63543360

この記事へのトラックバック一覧です: 「宮古群島の両生爬虫類相(1)」(当山昌直):

« 太陽の貝たち 2 | トップページ | 空飛ぶ蛙はどれか »