« 『縄文の神 よみがえる精霊信仰』(戸矢学) | トップページ | 琉球弧各諸島のシマウタ »

2016/09/23

トーテムの系譜と島人の思考

 琉球弧で知られているトーテムの系譜と対応する島人の思考を整理してみる。


Photo


 蛇-トカゲは、「食べる-食べられる」関係として同一の系譜に属する。貝-蟹-ヤドカリは、蟹は貝の子として、ヤドカリは貝と蟹の合体として同一系譜と見なせる。苧麻は、植物トーテムとしても霊魂にかかわるものとしても異なる系譜にある。また、トカゲは蟹を食べるので、蟹との系譜的なつながりを持っている。

 蛇は「不死」として、トカゲは、これが不鮮明だが「不死の壊れ」という島人の思考に対応する。貝は「死と再生」、蟹は貝に化身する蟹として「サンゴ礁の子」という認識、そしてヤドカリが貝と蟹の合体ということは、「性交と出産の認識受容」に対応していると思える。

 苧麻は、植物繊維を可視化された「息」として人間身体と同等のものを見い出したことに対応する。これは霊力の側から霊魂を捉えたことも意味している。


|

« 『縄文の神 よみがえる精霊信仰』(戸矢学) | トップページ | 琉球弧各諸島のシマウタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/64230459

この記事へのトラックバック一覧です: トーテムの系譜と島人の思考:

« 『縄文の神 よみがえる精霊信仰』(戸矢学) | トップページ | 琉球弧各諸島のシマウタ »