« 「八重山歌謡に見える植物」(山里純一) | トップページ | 「フー」と「息」 »

2016/09/30

他界の遠隔化による境界部の移動

 マンガイア島の死霊は、夏至と冬至の日に二つの地点に集まる。

 島の南半分の大多数の死霊は、夏至の太陽が昇る「赤洞(赤い朝陽を受ける)」に、冬至は「小さき歓迎」と呼ばれる冬至の朝陽に面する地点。

 マンガイア島のかつての「あの世」は、「アレマウクという西の海に張り出した崖」を入口としていたが、他界が遠隔化されると、上記の「赤洞」と「小さき歓迎」に境界部は転移している。

 他界が遠隔化されると境界部も移動する例だと言える。「岬」はだから、遠隔以降の境界部でありうるわけだ。

 「みみらく(みいらく)」は、その音韻からいえば、かつての「あの世」そのものを指していた。遠隔化とともに、みみらくの埼と境界部の名称として残存したということになる。

|

« 「八重山歌謡に見える植物」(山里純一) | トップページ | 「フー」と「息」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63502617

この記事へのトラックバック一覧です: 他界の遠隔化による境界部の移動:

« 「八重山歌謡に見える植物」(山里純一) | トップページ | 「フー」と「息」 »