« 「南方世界のサル-サルタヒコ神話の基層を探る」(後藤明) | トップページ | 『伊勢神宮の原像』(鳥越憲三郎) »

2016/08/12

トモカヅキと猿田彦森

 荒俣宏は、海女に伝わるトモカヅキの伝承を紹介している(「サルタヒコが白かったとき」)。海女たちはトモカヅキという妖怪に襲われてしばしば溺死する。トモカヅキは「伴に潜(かず)く」を意味する。海女が潜っていると、もう一人の海女がアワビを採っている。近づくと、その海女が手にしたアワビを差し出す。うっかり受け取ると、相手の海女に手をつかまれる。見ると、自分にそっくりの海女。おうして溺死させられる。

 ここで荒俣は、「ひょっとしたら、サルタヒコは海中で、もう一人の自分に遭遇してしまったのかもしれない」と書くが、これはある意味でその通りだ。蛇とシャコ貝の子が、母に出会ったのだ。

 鳥羽の白髭明神は「しろんご様」と呼ばれるが、実のところ「サルタヒコ神」と信じられている。それは竜神にとってかわった「しろんご様」というのも、親から子への交替だ。

 サルタヒコの「白」について、荒俣は古代人の色彩感覚からすると、「赤」は彩度を表わすのではなく、明度を表わした。だから、色は「白」なのだと解している。これは、「赤」の語源である「昇り」の意味に適っている。

 櫻井治男は、サルタヒコの伝承地として「猿田彦森」を挙げている。

 伊勢の内宮から五十鈴川を遡行し、志摩へ抜ける道の峠に「猿田彦森」はある。その五十鈴川流域の「一の瀬の渡り」にある伝承。「一の瀬」は、逢坂山の峠へいたる出発点となる。そこは25、6個の石を並べた渡りで、通過する人は小石を奉捧するならわしになっている。

 親が病気と聞いた娘がかけつけたいと思い、一の瀬までくると、増水し行きも帰りもできなくなってしまった。そのとき、助けてくださいと拝むと、不思議なことに岸へ渡っていた。杉元の近くには、白髪の親父様、「背の高き人白むくの薄よこれたるを着て」立っていた。茶屋でこの話をすると、「生神さんの御助」と言われる。

 ここにサルタヒコ神の伝承は直接、語られない。櫻井は「みすごしてよいかもしれない」としながら、

 1.瀬となっている場(境界)での神にかかわること
 2.五十鈴川を媒介として、この地が逢坂峠と結ばれていること
 3.生神の姿が「白髪」「背の高き人」とされていること
 4.天照大神を念じたところに現われた「生神」であるが、同神の示現でもなさそうなこと

 を、「どのように理解するかという課題は残されている」としている。

 荒俣の記述を受ければ、「白髪」の「背の高き人」は、「しろんご様」で、サルタヒコだと見なせる。

 要は、五十鈴川から猿田彦森へいたるところは、サルタヒコの人々にとっての「かつてのあの世」だったわけだ。

 猿田彦がことを終えて、五十鈴川の川上へ帰るのは、そこがかつての「あの世」だったからだ。ここでも、神は来訪の際、かつての「あの世」を経由することが語られている。


『サルタヒコの旅』


|

« 「南方世界のサル-サルタヒコ神話の基層を探る」(後藤明) | トップページ | 『伊勢神宮の原像』(鳥越憲三郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63410783

この記事へのトラックバック一覧です: トモカヅキと猿田彦森:

« 「南方世界のサル-サルタヒコ神話の基層を探る」(後藤明) | トップページ | 『伊勢神宮の原像』(鳥越憲三郎) »