« 『日本書紀』の境界神 | トップページ | 『島尾敏雄』(比嘉加津夫) »

2016/08/27

「蒲葵の葉世」の段階

 吉野裕子は、蒲葵が進行されたのは「その幹が蛇や男根相似のためである」と解してた。蛇とシャコ貝の関係を見てきたぼくたちは、蒲葵を「蛇とシャコ貝」の複合とみることができる。

 沖縄では世のはじまりを蒲葵の葉世(クバヌハユー)という。衣服がなく男女ともクバの葉でつくった蓑を腰にまとっていた。近世まであった七襞袴(ナナヒジャカカン)は、襞の極めて多い朝の裳であるが、これはクバの腰巻の遺制という。今でも生児の名づけのとき、老女がこの袴を頭にのせて出る風習がある。住居にもクバが用いられ、イザイホウの祭りにも、女性がこもる仮屋はこれで茸くという。(柳田國男『海南小記』)

 蒲葵の葉で作った腰巻は、少なくともシャコ貝をトーテムとした時代まで遡れるのではないだろうか。言い換えれば、「蒲葵の葉世」は、蛇とシャコ貝の時代の謂いだ。そうすると、「蒲葵の葉世」は、「アマン世」より古いということになる。
 

『日本人の死生観―蛇信仰の視座から』


|

« 『日本書紀』の境界神 | トップページ | 『島尾敏雄』(比嘉加津夫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63425094

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒲葵の葉世」の段階:

« 『日本書紀』の境界神 | トップページ | 『島尾敏雄』(比嘉加津夫) »