« サンゴ礁時代の関係図 | トップページ | 「南方世界のサル-サルタヒコ神話の基層を探る」(後藤明) »

2016/08/10

『縄文人の世界観』(大島直行)

 大島直行は、M・エリアーデが周期的再生のシンボルとして、「月-雨(水)-豊穣-女性-蛇」という文脈を見出したのを引き、これが農耕社会を前提としたものであることから、「豊穣」を抜き、「月-水-女性(子宮)-蛇」を、縄文人の再生のシンボリズムの中核として抽出している。

 ことはそう単純ではなかっただろう。現に、ぼくたちは琉球縄文期に、少なくとも「太陽-女性(子宮)-シャコ貝」を見出してきたばかりだ。だから、「狩猟採集を基盤とした序列のない社会にあっては、永遠性、つまり太陽崇拝が支配権を握ることはありません」というわけではない。

 約25000年前と言われるローセルのヴィーナス像の「月-女性」からすると、月と女性の結びつきは、おそろしく古い。けれど、シンボリズム自体は交替や追加などの変遷がありえるわけだ。

 ぼくたちも注目している大湯の環状列石には7200個もの大量の石が7、8キロも離れた地点から運ばれているのに対して、大島は「石そのものが卵あるいは子宮に見立てられ、シンボリズムに関与している」と書いている。

 石棒と円形に広がる石は、サルタヒコの境界の意味からも、これが境界部を意味するというアプローチもできそうだ。

 仲松-谷川-筒井の「青」考はここでも引かれている。大島は「縄文時代の墓が島にあることは重要で、そこには再生のシンボリズムが関与している」と見なされている。島は墓地からも解放されなければならない。

『縄文人の世界観』

|

« サンゴ礁時代の関係図 | トップページ | 「南方世界のサル-サルタヒコ神話の基層を探る」(後藤明) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63410437

この記事へのトラックバック一覧です: 『縄文人の世界観』(大島直行):

« サンゴ礁時代の関係図 | トップページ | 「南方世界のサル-サルタヒコ神話の基層を探る」(後藤明) »