« シャコ貝と蛇 | トップページ | 島人の精神の位相メモ »

2016/07/24

「ニライカナイの原像」4

 「ニライカナイの原像」をよく伝える神歌に出会うことができた。

 祝女葬式のオモイ(大宜味村字城)

 今日祝女愛し エイエイ
 月の崖 越え給い エイエイ
 太陽の崖 越え給い エイエイ
 乗り板に 乗り給い
 脇板に 乗り給い
 石の門に エイエイ送ろう
 金の門に エイエイ送ろう (『国頭郡誌』)

 たとえば、「太陽(てだ)の方位」で駒木敏は書いている。

 「月ばんた」「太陽ばんた」を越えて送られるノロの行く先は、一体どこなのであろうか。明確に表現されてはいないけれども、それは月や太陽によって可視的に方向づけられる、彼方のニライと考えてよいであろう。(「人文学」1988)

 祝女は新しくはないが、シャーマンの葬送としてこの神歌は相当古いと思える。月はもうひとつの太陽であることが示されているし、ニライカナイへの道行きが、ニライカナイへの原像への道行きと重なり合ってイメージできるようになっている。

 


|

« シャコ貝と蛇 | トップページ | 島人の精神の位相メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63946034

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニライカナイの原像」4:

« シャコ貝と蛇 | トップページ | 島人の精神の位相メモ »