« 「三井楽をめぐる国家と社会」(網野善彦) | トップページ | 「五島-常世への出発」(谷川健一) »

2016/06/14

『化身の王国』(「珊瑚礁の思考カフェ」vol.3)

 3回目の「珊瑚礁の思考カフェ」は、『化身の王国』というテーマで行います。

 クバヌハ世・アマン世(縄文期)の琉球弧では、海や山の主の精霊は動植物に化身し、その動植物たちもまた別の姿へと化身していました。それは異種間をまたぎ、存在の垣根を越えていきます。島は化身の王国でした。

 しかし、化身は任意に起こるわけではありません。そこには理に叶った流れがあり、島人は化身に人間と自然の関係の大きな環を見出していました。むしろ、その環を通じて人間のあり方を理解していたのです。

 今回は、縄文思考の核とも言うべき化身の法則に迫るとともに、それを物語や商品などの作品づくりに活かすヒントを探ります。
Photo

 ◆7月6日[水] 19:00~21:00 [18:30開場]

 ◆千代田区西神田 2-4-1(財)東方学会新館 2F
 ◆予約先:ユージンプランニング
 tel:03-3239-1906 email:manabiya@yujinplanning.com
  (もちろん、わたしにご一報いただいてもOKです)

 正式なフライヤーが出来ましたら、またお伝えします。


|

« 「三井楽をめぐる国家と社会」(網野善彦) | トップページ | 「五島-常世への出発」(谷川健一) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63770903

この記事へのトラックバック一覧です: 『化身の王国』(「珊瑚礁の思考カフェ」vol.3):

« 「三井楽をめぐる国家と社会」(網野善彦) | トップページ | 「五島-常世への出発」(谷川健一) »