« 「沖縄先島のオナリ神」(馬淵東一) | トップページ | 『沖縄自立の経済学』(屋嘉宗彦) »

2016/06/26

『先祖と日本人』(畑中章宏)

 畑中章宏の『先祖と日本人』を印象深く読んだ。柳田國男、橋川文三、伊藤静雄、白井晟一、福永武彦、坪井洋文、どの人の作品に触れるにしても、律儀に出身地、家族構成、生い立ちを丹念に記しているのが、この本のモチーフから来ているように感じられた。

 それぞれのテーマは、もう少し掘り下げてほしいと思うところで話題が変わるので、まるで柳田國男の文章みたいだと思いながら、でも、広げるべき視野の行く先はいくつも示唆をもたらしてくれた。

 戦後も災後も、「記憶の伝承」ということはよくいわれた。しかし、理性ではわりきれない、魂の次元を揺さぶられる事態が、大きな戦争や、巨大な自然災害なのではないか。柳田は『先祖の話』で、「生死観を振作せしめる」という言葉を使った。私たちは、「反省の学」を模索するとともに、新しい泣きかたを見つけ出さなければいけないと思うのである。

 そうなんだろうと思う。「振作」は「しんさく」と読むと辞書にある。
 

『先祖と日本人 戦後と災後のフォークロア』


|

« 「沖縄先島のオナリ神」(馬淵東一) | トップページ | 『沖縄自立の経済学』(屋嘉宗彦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63361249

この記事へのトラックバック一覧です: 『先祖と日本人』(畑中章宏):

« 「沖縄先島のオナリ神」(馬淵東一) | トップページ | 『沖縄自立の経済学』(屋嘉宗彦) »