« 『日本の神々』(谷川健一) | トップページ | 「ビジュル信仰」(平敷令治) »

2016/04/10

満潮時の胞衣埋め

 飯島吉晴は、『笑いと異装』のなかで、沖縄の胞衣について整理して、こう書いている。

沖縄では、通常、胞衣は竈の後ろの灰の中に紙やユーナの葉に包み、しかも満潮時に埋めるものとされている。

 まだ思いつきの範囲を出ないが、備忘のため書いておく。なぜ、満潮時なのか。ぼくは、満潮時は、洞窟の穴が塞がるのと同じ、他界との出入口が塞がることと同じだと見なした。そこから考えれば、満潮時に胞衣埋めを行なうのは、子供が「あの世」へ引きずり込まれずに、「この世」へしっかり現出させるためと考えられる。その現出を促す呪術が「笑い」だ。

|

« 『日本の神々』(谷川健一) | トップページ | 「ビジュル信仰」(平敷令治) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63094513

この記事へのトラックバック一覧です: 満潮時の胞衣埋め:

« 『日本の神々』(谷川健一) | トップページ | 「ビジュル信仰」(平敷令治) »