« 「南西諸島における神観念・世界観の再考察」 2 | トップページ | 加計呂麻島のオボツ(吉成直樹) »

2016/04/28

『おもろさうし 古典を読む』(外間守善)

 外間守善の『おもろさうし 古典を読む』(1982)から。

八重山石垣市平得にウブオン(宇部嶽)と呼ばれる御嶽がある。ところがこの御嶽は、『琉球国由来記』(1713)では、ヲホ御嶽と記されている。つまり、ウブとヲホは同じ御嶽の名だということである。とすると、ヲホはオホ、オーとつながるし、ウブはオボ、オーブになりうる。「奥武」と記される聖域オーとオーブがこれで近い関係というか、同根である蓋然性がみえてくるわけである。勝連半島平安名の神歌ウムイが、ウーブの御願の中で、ウーブの嶽(奥武の嶽)、ウーブの山(奥武の山)と謡っていることは、その一つのあかしであろう。

 まず、聖域であるといなとにかかわらず、オーは地形・地勢としての地名に解体されなければならない。そのうえで、「ウーブの嶽(奥武の嶽)、ウーブの山(奥武の山)」というのは、平安名では地先の島と地先の山がかつて「あの世」だったことを示すと理解することができる。

|

« 「南西諸島における神観念・世界観の再考察」 2 | トップページ | 加計呂麻島のオボツ(吉成直樹) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63124715

この記事へのトラックバック一覧です: 『おもろさうし 古典を読む』(外間守善):

« 「南西諸島における神観念・世界観の再考察」 2 | トップページ | 加計呂麻島のオボツ(吉成直樹) »