« 山の他界の遠隔化と聖域の発生 | トップページ | 『おもろさうし 古典を読む』(外間守善) »

2016/04/27

「南西諸島における神観念・世界観の再考察」 2

 昨日の視点に立つと、「常在神とオボツ神の同一性と山中他界」で考えたことを更新できそうだ。改めて、ヨーゼフ・クライナーの「南西諸島における神観念・世界観の再考察」を辿ってみる。

 神人衆が行なう祭祀は、「神山」と「ミャー(広場)」に集中する。神山は、特定の山ではなく、「やま」や「もり」を一般的な名称に過ぎない。つまり、神山には、かつての他界も遠隔化された他界も混在するということだ。

 聖地は三つの形態に分類できる。

 1.ウボツ(オボツヤマ)ないしウガン(オガンヤマ)
 2.イヤンヤ
 3.イベ(イビガナシ)

 1.ウボツ(オボツヤマ)ないしウガン(オガンヤマ)

 加計呂麻島の裏に、高くそびえる山の一箇所はウボツ(オボツ)カミヤマ。いちばん近い裏山あるいはいちばん高い山。一本ないし数本の古木があって、根元に線香と水が供えられる。村から離れている場合には、なかなか登れないので、遠方から拝むだけ。

 この神は、天に坐す男性の一柱、七柱。天からウボツカミヤマの木に降りて、神道を通ってミャーに迎えられる。

 2.イヤンヤ

 このカミヤマでは、岩や洞窟のなかに「昔の人の人骨」が散らばっていて、地下他界の入口に通じると言われる。

 3.イベ(イビガナシ)

 イベは山よりも村に近い。ミャーに接する平坦地の小さな林か藪、その中の空地にある拝所。形態は珊瑚岩で積んだ小高い塚、石で囲まれて一段高くなった土台と木、または自然石。イヤンヤ神山とちがって、神聖化されても怖れられてはいない。村を常時守る神の観念が結びつく。

 カムムケー(神迎え)は旧二月の壬の日に浜辺とトネヤで行われる。その日、村を訪れるウボツガミとネリヤの神、ナルコ・テルコカミは七番目の壬の日(旧四月の中の壬の日)まで、すなわち、六十日間、トネヤに滞在そ、オオーリ(お送り)のとき、それぞれの他界に帰る。

 つまり、「ウボツガミ」と「ネリヤの神、ナルコ・テルコカミ」はそれぞれに遠隔化された他界の神ということだ。前者は、山として、後者は海上として。つまり、加計呂麻島では、他界は海上と山と二重に遠隔化されたことになる。

 また、山として遠隔化された他界の場合、天上の他界の観念を発生させやすかったことになる。

 琉球弧の場合、

 1.かつての「あの世」:地先の島(あるいは平地)、遠隔化された他界:海上はるか彼方
 2.かつての「あの世」:地下、遠隔化された他界:底知れない地下
 3.かつての「あの世」:地先の山(あるいは平地)、遠隔化された他界:高い山の山頂付近

 これら、あるいはこれらの混合が現われることになる。

 1-2の場合。遠隔化された他界は、海底になる。
 
 また、

 1-3の接続として、

 1.かつての「あの世」:地先の山(あるいは平地)、遠隔化された他界:海上はるか彼方
 
 があり得ることになる。国頭の例がこれだ。1と3は地上の他界として位相同型だから、この転換があり得ることになる。


|

« 山の他界の遠隔化と聖域の発生 | トップページ | 『おもろさうし 古典を読む』(外間守善) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63124592

この記事へのトラックバック一覧です: 「南西諸島における神観念・世界観の再考察」 2:

« 山の他界の遠隔化と聖域の発生 | トップページ | 『おもろさうし 古典を読む』(外間守善) »