« 「沖の島」の系譜 注 | トップページ | 『呪術・科学・宗教・神話』(マリノフスキー) »

2016/03/12

濁音の同一と等価

 吉本隆明が、「表音転移論」で想定した、濁音の同一と等価について整理してみる。

 ここで、同一と等価の違いは、

 同一 通音
 等価 音韻と意味象徴

 と考えられていると思える。

Photo

 たとえば、サ行濁音とタ行濁音は、通音として同一。タ行濁音とヤ行濁音は、音韻と意味象徴が等価ということ。

 この図からは、「ワ(我)」が「バ」になることは等価であり、「尻(シリ)」の与那国方言である「チビ」において、「リ」と「ビ」が同一であることを示している。

 吉本は、「表音転移論」で、「ラ行音の濁音はハ行音の濁音と同一とみなすことができ」るが、「いまのところそんな事例にであったいない」と書いていたが、数年後の加治工論文で出会ったことになる。

 吉本は、同一を訛りの範囲として、等価を必然的な転移として想定していた。

 また、この関係図からは、ダ行音とラ行音がしばしば交替することは説明されない。同一でも等価でもない系列。

|

« 「沖の島」の系譜 注 | トップページ | 『呪術・科学・宗教・神話』(マリノフスキー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63045374

この記事へのトラックバック一覧です: 濁音の同一と等価:

« 「沖の島」の系譜 注 | トップページ | 『呪術・科学・宗教・神話』(マリノフスキー) »