« 「ヒルメとアマテラス」(谷川健一) | トップページ | 「国生み神話考」(松前健) »

2016/03/20

「ゆな」と「よな」(『方言俗語語源辞典』他)

 『方言俗語語源辞典』の「ゆな」にはこうある。

ゆな →いのー。砂。砂利。岩手県下閉伊那。[考]南島八重山で、砂をイノー、石垣島で州をユーニという。千葉県武郡で、浜の砂をイナゴ、島根県松江で、砂浜をイナハマという。それらとの関係。熊本で火山灰をヨナというのとも関係あるか。 →よな。

 で、「よな」には、「火山灰。熊本」と説明されている。

 「よな」にはもうひとつある。

よな 胞衣。えな。大阪(浪花聞書)。[考]エナの語源ははっきりしない。大言海もエナは「胞幅(エノ)ノ転ニモアルカ・・・」といい、エ(胞)については「家の約カ・・・」といっている。(中略)関西でエナ、ヨナ、久留米でヤナ、九州でイヤ、喜界島でウワという。(後略)

 ぼくたちは、「よな」と「えな」は同じであると見なしてきた。それは地名にも現われている。

 柏崎市と上越市との境にある標高993mの孤立峰、米山。

米山は薬師如来をまつる山として有名であるが、平安時代初期の《大同類聚方》には、<恵奈山薬、越後国三志摩雄之家伝方也、元者少彦名神方也>とあり、米山がかつては恵奈と呼ばれていたことがわかる。(『世界大百科事典』)

 米山で、「よな」と「えな」は二重性をなしている。

 思うに、yuna と ena の発音は近いところで揺れていたのではないだろか。「よね山」はかつて「えな山」と呼ばれていたとあるが、もとは「よね」だとしたら、「よね→えな→よね」という転訛だと思える。


 

|

« 「ヒルメとアマテラス」(谷川健一) | トップページ | 「国生み神話考」(松前健) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63069633

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆな」と「よな」(『方言俗語語源辞典』他):

« 「ヒルメとアマテラス」(谷川健一) | トップページ | 「国生み神話考」(松前健) »