« スクの予祝としての「笑い」 | トップページ | 「あの世」の島の系譜のひとつとしての「アロウ島」 »

2016/02/13

胞衣とイノーあるいはユナ

 胞衣とサンゴ礁は似ている。胞衣のおかげで子供は水中生活を送ることができる。サンゴ礁のおかげで、亜熱帯魚たちは外海に流されず、海中生活を送ることができる。

 子供は、無の状態から胞衣のなかに有として現れる。亜熱帯魚たちは、無を渡ってサンゴ礁のなかに忽然と現れる。

 胞衣は、「世」の霊力を出現させる母胎であり、サンゴ礁も「世」の霊力の現われである魚たちを育む母胎。

 立石半島では胞衣はヨナと呼ぶ。ヨナはもともと砂州の意味。立石半島の常宮は、「産小屋の底になぎさの砂を敷く」習俗を持っていた。(cf.「産小屋の底になぎさの砂を敷く」

 いわば、「魚の胞衣」が、イノーでありユナだ。

|

« スクの予祝としての「笑い」 | トップページ | 「あの世」の島の系譜のひとつとしての「アロウ島」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63000641

この記事へのトラックバック一覧です: 胞衣とイノーあるいはユナ:

« スクの予祝としての「笑い」 | トップページ | 「あの世」の島の系譜のひとつとしての「アロウ島」 »