« 始まりの場所の転移 | トップページ | 埼樋川貝塚と吹出原遺跡 »

2016/02/17

『サンゴの島々からの不思議な、贈り物』(@B&B)

 なんだか告知が続いて申し訳ないけれど、こんどは下北沢のB&Bで、本の装丁画像や扉の写真を提供してくれた仲程長治さんや、「momoto」の松島さん、プロデューサーの大川さんとともに、本の刊行を記念したイベントを行ないます。

 ぼくのおしゃべりだけではなく、仲程さんの優れた写真作品を交えながら、頭で目で手で、縄文・貝塚の感じ方、考え方に迫れる場にしたいと思っています。3月6日、ご都合のつく方はぜひお立ち寄りください。

 以下、大川さんが書いてくれた告知文です。

 2016/03/06 Sun

 喜山荘一×仲程長治×松島由布子×大川雅生
 「サンゴの島々からの不思議な、贈り物」
 『珊瑚礁の思考』刊行記念


 日本人の「死生観」について知りたいと思っている方は、多いのではないでしょうか。
 それは仏教から、神道と渾然となった山岳宗教まで。
 また西欧の一神教から現代のスピリュチュアリズムまで。
 もちろん、とても簡単に一望できるものではありません。
 また、「日本人」とひとくくりにしてしまっては、大切なことを見落としてしまいます。

 今回B&Bでは、『珊瑚礁の思考』刊行を記念したイベントとして、琉球の「死生観」に迫ります。

 ゲストにお迎えするのは、『珊瑚礁の思考』の著者である喜山荘一さん。沖縄で発行されている琉球文化誌『momoto』のアートディレクター、写真家であり、本書のカバー撮影もつとめた仲程長治さん。
 このお二人の島人(シマンチュ)から、琉球の生と死、生まれ変わり、つまり「死生観」の話を、島の写真もたっぷりと観せていただきながら伺っていきます。
 南の海に浮かび、珊瑚礁と白い砂浜に縁どられた八重山・沖縄・奄美・トカラの島々。
 文字を持たなかった時代、そこで生きてきた島人は何を思っていたのか。
 トーテム、あの世、生まれ変わり、洞窟、そしてサンゴ礁は、どう関係するのか。

 さらに後半では、琉球文化誌『momoto』で編集に携わる松島由布子さんと、プロデューサーの大川雅生さんも加わって、琉球からの不思議な「贈り物」を皆さんと一緒に紐解きたいと思います。

 当日、テーマに関係のある特別なものが、参加者の皆さんに会いに琉球からやって来る予定も!
どうぞ、お楽しみに!

|

« 始まりの場所の転移 | トップページ | 埼樋川貝塚と吹出原遺跡 »

コメント

喜山さんの精力的な活動に敬意を表します。
 那覇でのトークセッションには行けませんでしたが、機会あれば参加したいと思います。

 いわゆる「島嶼学」。。。琉球弧に関する諸学問の成果を結集すれば世界中の島々のそれに貢献できるのでしょう。それが外間守善先生の遺言でしょうか。
 ただ、一つ注文を付けるとすれば、とかく "宮古" への注目度が薄くなる傾向がある事ですけね。奄美、沖縄、八重山、トカラ。。。悪気がないのはわかっていますが、どうせなら「先島」と一括したほうがいいかもしれません。
 考古学界の一部では奄美と沖縄を一括して「奄沖」と表現してますし、それほどに奄美群島と沖縄諸島の同一性が認められるのでしょう。

投稿: 琉球松 | 2016/02/27 10:32

琉球松さん

コメントありがとうございます。宮古、入れ忘れたわけではないですが、そう見えますね。失礼しました。本のなかでは、かなり出てくるので余計、ですね。

ぼくも注目度が薄くなることで受ける感情はよく知っているつもりです。与論の出ですから。

考古学では、宮古、八重山の調査密度の低さもよく指摘されているようです。ここにも注目度は関わってきますね。

投稿: 喜山 | 2016/02/27 10:47

喜山さんへ

 いえいえ、大した問題でもないんですが、宮古島出身の叔母から差別された頃の話をよく聞かされるものですから。。。
 しかし、今や宮古は沖縄県民の憧れの島で、伊良部大橋開通後は沖縄島からの観光客でてんやわんだそうです。

 今日はお休み。。。僕の日課である月1のヤンバルドライブの日です。怪しい天気なんですけど、辺戸岬から与論と沖永良部に手を合わせ充電させて頂きますね。

以下、我如古よりこ『娘ジントヨー』より抜粋
 ♪ 奥の山々でお茶を摘む頃はよ 与論なつかしや ジントヨー辺戸の岬よ

投稿: 琉球松 | 2016/02/27 11:32

琉球松さん

いやいや、ぼくもその気持ちはよく分かるので、掬い上げる表現や文体を磨きたいと思っています。

月1のヤンバルドライブ、なんて羨ましい。その歌、聞いたことあるような気がします。与論が見えますように。とーとぅがなし。

投稿: 喜山 | 2016/02/27 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/63220631

この記事へのトラックバック一覧です: 『サンゴの島々からの不思議な、贈り物』(@B&B):

« 始まりの場所の転移 | トップページ | 埼樋川貝塚と吹出原遺跡 »