« 奥武島ブルー 2 | トップページ | 「子は「ニライ・カナイ」からの授かり」(仲松弥秀) »

2016/01/25

京・立神・トングヮ・地先の島

 「「イノー」の民俗」(<特集>イノーの民俗「民俗文化」1990)のなかで、仲松弥秀は、奥武島以外の聖地として、京、立神、トングヮ、その他の地先の島をあげている。これを地図化してみた。

 場所が不確定のものはその旨、注記している。地元の人には自明だろうが、ぼくの視野が届かない。

 仲松の注記。

1.嘉陽の京。ニライカナイの神の上陸滞留する聖地。

神は南方はるか彼方からリーフの切目をなしている所謂「クチ」からイノーに入られて来れ、この京に滞留なされる。浜辺での村落共同体の神女達による招請によって、京から嘉陽の村に臨幸なされ、福を授けられるのである。

 神は飛んでやってくるわけではなく、クチを気にしながら航海する。とても人間的だ。

2.加計呂麻島西阿室の立神。

 ネリヤの神は立神に上陸滞在。神女の招請に応じて押角に上陸。山の稜線の神道を馬で辿り、オボツ山に着く。オボツ山から下山。途中のテラ山の祖霊神と会い、相携えて祭祀場に出現。

 この場合、立神とオボツ山は、両方とも「あの世」だったことを示している。

3.トングヮ

 仲松はこれをイノー内の聖地としている。

4.瀬長島

 戦前まで子授かりの拝所があった。干潮時には付近住民が人力車で渡り、子授かりの祈願者や遊覧者で賑わった。

 立地からいえば、瀬長島も「あの世」の島でありえた。しかし、それが「子授かり」の機能を持つことになるのか確言しにくい。拝所に力点を置けば、そうだとは見なしやすい。

5.鳩離れ岩島

 西表島と鳩間島を往来する神の休憩所。

 この往来も面白い。

 ぼくの観点からいえば、仲松は地先の聖地を辿りながら、「あの世」は遠くないという彼の主張を気づかずになぞっていたのだ。「青」にこだわらなければよかったのにと思う。

 

|

« 奥武島ブルー 2 | トップページ | 「子は「ニライ・カナイ」からの授かり」(仲松弥秀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/62927772

この記事へのトラックバック一覧です: 京・立神・トングヮ・地先の島:

« 奥武島ブルー 2 | トップページ | 「子は「ニライ・カナイ」からの授かり」(仲松弥秀) »