« 『沖縄のジュゴン』(盛本勲) | トップページ | トレス海峡のジュゴン猟(松本博之) »

2015/12/27

「魚女房」と「人魚と津波」

 『日本昔話通観』から、琉球弧の「魚女房」と「人魚と津波」の話を拾ってみる。

Photo

 これを見ると、釣った魚は、「きれいな魚」とされることが多い。伊良部島では「えい」、「人魚」、池間島では、「小さなボラ」として釣れ、去る際には、「ジュゴン(人魚)」になっている。与論や粟国島で、「小さな赤い魚」と呼ばれるのは、沖縄島で、ジュゴンを「赤子魚(アカアングヮユウ)」と言うのを連想させる。

 「ごちそう」をつくることが多く、また「龍宮」を出自とし、「龍宮の神の子(使い)」と称する場合がある。男は、コーイ鳥になることが多いが、「石」への化身を語る場合がある。

 ここからは、「魚女房」という場合、必ずしもジュゴンが想起されているわけではないと思える。むしろ、エイは名指されている。


Photo_2

 「人魚と津波」の場合は、「人魚」とされることがしばしばだ。池間島や多良間島の「ヨナイタマ」には目を引かれる。

 石垣島や黒島では、実際に「食べた」結果、津波(大波)が起きている。

 この例からも、必ずしも、津波がジュゴンとして必須であったわけではないことが分かる。珊瑚礁の海の霊力の姿として、焦点を結ぶひとつにジュゴンは位置している。


|

« 『沖縄のジュゴン』(盛本勲) | トップページ | トレス海峡のジュゴン猟(松本博之) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/62866378

この記事へのトラックバック一覧です: 「魚女房」と「人魚と津波」:

« 『沖縄のジュゴン』(盛本勲) | トップページ | トレス海峡のジュゴン猟(松本博之) »