« 「沖縄縄文時代の蝶形骨製品」(金子浩昌) | トップページ | 「蝶形骨器」から「背守り」へ »

2015/12/11

「ノロの衣装」(下野敏見)

 祝女はその上半身を「蝶」で覆う。

 頭飾りには、ザバネを。

 『おもろそうし』では、ザバネは鷲の羽根であるから、いま見る白鷺のザバネとはちがい、色ザバネであったわけだ。ザバネはノロが航海によい風を呼ぶ呪具であり、風羽の意味であるので、ザバネの語源は風羽であるといえる。ハベラザバネはザバネに色とりどりのハベラ(蝶)に似た三角布を付けたものである。宇検村屋鈍の吉野家のものはアヤハベラ(綾蝶)といい、羽の長さといい、羽の長さ十九・二センチ、小琉球竹の柄の長さが三四センチで、赤、青、黄、褐、白などの色の三角布(底辺九・五センチ、高さ四・七センチ)が七個ずる三連付いているこれを二本後ろ髪に挿す。加計呂麻島の阿多地で見たハベラザバネは、やはり七個の三角布が二連付いたもので、ナナハベラと称していた。これはノロだけが祭りのとき挿す。

 下野は、伊波普猷の「かざなおり考」を引いて、カザナオリ(風直り)が、奄美大島ではザバネ(ダーバネ)となったと説明している。

 ヨーゼフ・クライナーは加計呂麻島のアラホバナで、「非常に地位の高いノロ(ウヤノロ)が首里から頂いた銀のかんざしを飾って、後ろにナナハベラ、赤とブルーの三角形が七つつながっている布地を髪の毛から下げている」と報告している(「奄美の宇宙-昭和30年代の民俗調査から」)。

 次に背には「玉ハベラ」。

 これは、首飾りと後ろ首で連なるもので、背に垂らして飾る。

とにかく小さいガラス玉をたくさん連ねて作ったもので、色・模様がさまざまで、たいへん美しい。これを背に飾り、前の方には首飾りをした姿は、ノロの姿をいっそう美しくし、その権威を高めたであろう。

 そして上半身には、胴衣(どぎん)。

胴の前後の前後の三角布群は、三角模様を連ねていて異様である。この胴衣をハベラドギンというから、蝶を意識して作られたものには違いない。その蝶は、これまで簪や玉飾り(タマハベラ)で論じてきたことを述べると、ノロのセジを高める装置であろう。

 三角形に象徴された「蝶」が祝女の頭から上半身を覆っている。玉ハベラにいたっては、三角ですらない。とにかく、祝女を守護し、祝女の霊力(セジ)を高めるのに、「蝶」が欠かせない役割を担っている。祝女と蝶との結びつきは、相当に強く、祝女が蝶に化身するというように、一体化しているイメージがやってくる。

ハベラはノロが動くたびに、蝶のようにひらひらして舞うけれども、その三角形の持つ特性すなわち鋸歯紋による魔祓い・魔除けこそが、それを付けている本当の意味ではなかろうか。

 下野はやたらと「魔除け」を力説するのだが、まったくそうではないだろう。

 ぼくたちはここに、「蝶形骨器」の現在形を見ているのだと思う。貝塚時代前4期の原ユタは、これを装着することで、祖先を体現したのだ。そして祖先として語ったのである。

 現在では、象徴化されて祝女の上半身を覆っているが、このなかに、直接的な現在形があるとしたら、ザバネだと思う。つまり、「蝶形骨器」は、後頭部につけたのではないだろうか。「蝶形骨器」がその変遷の過程で大型化していったのは、正面からシャーマンを見たときに、蝶の羽根が見えることの威力に気づいたからではないだろうか。


下野敏見 『奄美・吐カ喇の伝統文化―祭りとノロ、生活』

|

« 「沖縄縄文時代の蝶形骨製品」(金子浩昌) | トップページ | 「蝶形骨器」から「背守り」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/62805960

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノロの衣装」(下野敏見):

« 「沖縄縄文時代の蝶形骨製品」(金子浩昌) | トップページ | 「蝶形骨器」から「背守り」へ »