« ザン女房譚 | トップページ | 動物との関係 »

2015/12/19

ジュゴンの骨の出土時期と使われ方

 生産道具として出土しているジュゴンは、骨錐が多く、貝塚前4~5期に集中している。後には、肋骨が針に使われたこともあった。骨製品という意味では、「蝶形骨器」を作る意味がもっとも大きかったということだろうか。

Photo
(久貝弥嗣「貝塚時代骨製品の出土状況」)

 また、大堂原貝塚の出土状況からは、脊椎動物に占めるジュゴンは、前3~4期から後1期にかけて、目見当だけれど、約10%ほどを占めている。同程度にあるのがウミガメだが、ただし、前2~3期では、ウミガメは20%を越えている(涌泉岳二「脊椎動物遺体からみた琉球列島の環境変化と文化変化」)。珊瑚礁のことを考えれば当たり前だが、ジュゴンよりウミガメとの付き合いが長いということだ。

|

« ザン女房譚 | トップページ | 動物との関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/62841226

この記事へのトラックバック一覧です: ジュゴンの骨の出土時期と使われ方:

« ザン女房譚 | トップページ | 動物との関係 »